ども~綾波一朗です。

 

 

 

 

 

本業だけで思う存分に稼げれるのであれば、副業を考える必要性はありませんよね。

 

 

 

 

僕のサイトや他のブログで、このような記事を検索されている方なら今の現状に何かしらの不満がある方だと思います。

 

 

 

 

副業をするなら、どのような職業で何時間働けば、どのくらい稼げるのかなどリサーチして、応募→面接→内定などを経て時間をかけアルバイトするという流れが一般的だと思います。

 

 

 

 

さて、今回はその副業に関して、ご自身が向き不向きなどの職業もあると思うので、僕の経験を交えて解説していきたいと思います。

 

 

 

副業に向く職種とは?

 

 

 

 

  • 事務職などの内勤

 

  • 接客業

 

  • 工場勤務

 

  • 肉体労働

 

 

などなど多種多様にあると思います。

 

 

 

 

僕、個人の経験で肉体労働が、本業のときに副業も肉体労働をしてたんですが、死ぬほど辛かったことを覚えています(苦笑)

 

 

 

 

結果、副業が半年くらいしか続きませんでした。

 

 

 

 

体力的に自信がある方なら、その選択もありだと思いますが、長く続けていけるかは微妙なところかと思います。

 

 

 

 

出来ることなら本業、副業問わずに「肉体労働+肉体労働」ではなく「肉体労働+デスクワーク」や「肉体労働+接客業」などを選択する方が経験上は長く続けれると感じました。

 

 

 

 

副業といえども、長く続けられなければ意味がありません。

 

 

 

 

誰もが一日を平等に24時間持っていますが、多くの時間を無駄にすることになりかねないのです。

 

 

 

一日24時間をいかに有効に使えるか

 

 

 

 

 

24時間の中で睡眠時間が7時間とすれば残りは17時間。

 

 

 

本業を通勤時間合わせて12時間とすると残り時間は5時間です。

 

 

 

その5時間の中で、食事や休憩など考慮すれば4時間くらいでしょうか。

 

 

 

その4時間をフルにアルバイトに費やしたとして仮に、時給が1000円ならば4000円稼げる計算になります。

 

 

 

そして、勤務日が10日なら4万円で20日なら8万円になり、これだけ稼げればかなりの収入アップが見込めることになりますね。

 

 

 

しかし、アルバイトなので思うようなシフトを組んでもらえるでしょうか?

 

 

 

または、その会社が経営悪化のため人員削減をするとなれば、アルバイトから切り捨て社員に負担がかかり負の連鎖を起こさないとも限りません。

 

 

 

もし、そうなった場合はまた一から副業探しをしなければなりません。

 

 

 

人間は年々、歳老いていくことは周知のことでアルバイトと言えども企業からすれば、長く働けて体力がある若いかたから採用するのは当然のことだと思います。

 

 

 

副業をする場合の職種の選び方~まとめ~

 

 

 

 

 

決して、アルバイトの副業が悪いわけではありませんが、せっかく身に付けたスキルを台無しにするより、これから先で体力的に無理が利かない年齢は必ず来るので、ご自身で身に付けたスキルをご自身で活かしていける場を考えていかなければならないと僕は思います。

 

 

 

僕は、この「ネットビジネス」で活かせる場を見つけました。

 

 

 

現在、この世界で稼いでいる方も最初は初心者なんです。

 

 

 

仕事を最初に始めるときはチンプンカンプンなのは当たり前のことなので、ネットビジネスも同じことなんです。

 

 

 

何も難しく考える必要はありません。

 

 

 

全ては慣れしかないと思いますよ。

 

 

 

 

 

初心者にオススメ商材

 

 

 

  • ゼロからの初心者に実績を作ってもらうための即席ノウハウ

 

 

最も稼ぎやすいアフィリエイト戦略「アフィリエイト大百科」

 

 

商材レビューはコチラから

 

 

 

  • ゲームのプレイ1時間を2万円に変える情報の取得方法

 

 

 

 

商材レビューはコチラから

 

 

 

  • アンテナサイトを構築させて稼ぐ方法

 

 

他力本願全自動資産構築型システム(オートコンテンツビルダー)

 

 

 

商材レビューはコチラから

 

 

 

 

何かわからないことや質問があれば、お気軽にメールください

 

 

 

 

 

メルマガの発行では初心者から最新の情報まで配信しています。