ども~綾波一朗です。

 

 

 

 

「まとめサイト」では、どのようなジャンルで稼ぐことができるか、ジャンル別に解説してみましょう。

 

 

 

 

まとめサイトで選ぶべきジャンルとは

 

 

 

アダルトまとめ

 

アダルトジャンルの場合は、抵抗ある方もいらっしゃると思いますが、最も稼げるジャンルだと思います。

 

 

 

人間の三大欲求なので、老若男女問わずに性に対するネタに関しては無くなることも飽和することも考えられないし、単価も比較的に高いので高収入を狙えます。

 

 

 

 

アダルトジャンルとひとことで言っても種類の選択も必要になります。

 

  • 動画まとめ

 

  • 画像まとめ

 

  • 二次元まとめ

 

  • 三次元まとめ

 

  • 出会い系まとめ

 

  • 素人系まとめ

などなど。

 

 

 

 

得意なジャンルに絞るのが得策でしょうが、いくつかを混ぜ合わせてのジャンル「ごちゃまぜまとめ」を作成させるのも良いと思いますよ。

 

 

 

投資・ギャンブル系まとめ

 

 

率直に言うと「お金」関係のまとめですね。

 

 

 

投資だけでも

 

  • 株式投資

 

  • FX

 

  • バイナリーオプション

 

  • 仮想通貨

 

  • 外貨預金

 

  • 投資信託

 

  • 不動産投資

 

というところでしょうかねえ。

 

 

 

 

経済に直接的に影響を受ける事柄なので、日々の動きも目まぐるしくアフィリエイトで言えば、「トレンドアフィリエイト」並みに経済動向を追っていける方には向いているかもしれません。

 

 

 

 

反面、「投資はギャンブルだ!」と言われる方もいらっしゃいますが、そもそも人生も「ギャンブル」なのかもしれません。

 

 

 

 

ギャンブルまとめでは

 

  • パチンコ・パチスロ

 

  • 公営ギャンブル(競馬・競輪・競艇など)

 

  • 宝くじ

 

代表的なものですね。

 

 

 

 

この辺りは、実践されている方も多いと思うので、得意なジャンルがあればモチベーションも落とさずにコンテンツ作成は苦にならずにできますね。

 

 

 

僕も4号機時代は、朝から並んでパチスロ打ってましたねえ(笑)

 

 

 

そんな感じで、ご自身の実録も踏まえたコンテンツは面白いものに仕上がりそうですね。

 

 

 

 

芸能・ニュースまとめ

 

 

まとめサイトだけではないですが、アクセス数を稼ぐには芸能ネタは鉄板なので、取り入れて実践されることを強くおススメしますよ。

 

 

 

それは、世間一般的に芸能有名人の「誰々が結婚する」話題や「誰々が離婚する」話題など、その時一瞬にしてみんなが検索したり、速報で流れたものをクリックしてみたりすると、そこで一気にその話題にアクセスが集まり易い状況になります。

 

 

 

 

そうすることでサイトにアクセスを集め易くし、広告をクリックされたり、関連商品を紹介すれば成約に繋がって、報酬を上げやすくできるんですねえ。

 

 

 

ニュースなども同じで地震や災害の話題が取り上げられると、防災グッズが飛ぶように売れたりするのも現実に起こっています。

 

 

 

まとめサイトのジャンル選定まとめ

 

 

 

 

まずは、迷うことなく「お好きなジャンルや得意なジャンル」で進めていって大丈夫ですよ。

 

 

 

アクセスが集まり難い場合は「芸能」や「ニュース」のようなトレンドを盛り込んでいけば、アクセス数は伸ばせると思います。

 

 

 

また、報酬が伸びない場合は「アダルト系」や「金融系」など高単価なものに挑戦して「高収入」を目指しましょう!

 

 

 

 

分からないことは、いつでも気兼ねなくご相談くださいね

 

 

 

初心者にオススメ商材

 

 

 

  • ゼロからの初心者に実績を作ってもらうための即席ノウハウ

 

 

最も稼ぎやすいアフィリエイト戦略「アフィリエイト大百科」

 

 

商材レビューはコチラから

 

 

 

  • ゲームのプレイ1時間を2万円に変える情報の取得方法

 

 

 

 

商材レビューはコチラから

 

 

 

  • アンテナサイトを構築させて稼ぐ方法

 

 

他力本願全自動資産構築型システム(オートコンテンツビルダー)

 

 

 

商材レビューはコチラから

 

 

 

 

 

メルマガも発行してますので勉強されたい方は、お気軽に登録してくださいね!