ども~綾波一朗です。

 

 

SNSは、何が一番使い易いんでしょうかね~。

 

 

メジャーなところで言えば、ツイッター・フェイスブック・インスタグラム・ラインなどなどありますが、ビジネス系で活用するとなれば、ツイッター・フェイスブックで、一般的に私生活でも活用するならば「LINE」を活用される方が、圧倒的に多いような気がします。

 

 

「LINE」は、電話やメールをほぼ無料で使用することも可能ですし、普通のメールと違って開封されたかどうかの確認もできる便利な機能?もあるのことは、言わずと知れたことかと思います。

 

 

 

その「既読」の機能は、送った方からすると便利なんですが、受けた側からすると、すぐ返信できない場合もあるわけで・・・。

 

僕の場合よくあるケースなんですが、嫁さんから「返事せんしー!」や「返事が遅い!」と怒られることが多々あるんですね~(苦笑)

 

 

面倒くさがり屋なんで、「すいませ~ん」と平謝りしておけば、事が穏便に収まるので毎回そうしてるんですよ(笑)

 

 

みなさんもそんな経験ある「LINE」では、ないですか~。

 

 

まあ、良くも悪くも使い勝手がいいので、全国的いや今では世界的に活用されることが多い「LINE」なんですが、その使い慣れた「LINE」でビジネス展開ができる商材が発売されたんですよ。

 

 

 

その名も「トレンド・ライン・アフィリエイト・プログラム【TLA】」なんです。

 

 

今までもLINEに関しての商材はあったのですが、正直にいうと初心者が使えるようなものがなかったのが現実なんですが、さて今回は使えるのか、じっくり中身を見て行きたいと思います。

 

 

 

トレンド・ライン・アフィリエイト・プログラム【TLA】 谷口政男

 

 

LINEで稼ぐ方法(サポート45日)

 

 

 

販売者名 株式会社ライフ
情報提供者 谷口政男
所在地
三重県四日市市諏訪栄町 4-10 アピカビル 3F
電話番号
050-3697-7899(電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
メールアドレス taniguchi@affiliate-line.com
販売URL http://affiliate-line.com/tlap/
商品種別・商品代金 サポート無し 22,800円
サポート45日プラン 36,800円
お申込み方法 Web上のお申込フォームから(24時間受付中)

 

 

販売ページはコチラからです。

 

 

 

今までも「LINE」に関しての商材があったことは、前述でもお話ししましたが、「LINE」をお使いの方なら分かると思いますが、友達の欄は、ほとんどリアルな友人、知人や家族という方が、大半だと思います。

 

 

そこで、思い出して欲しいのが「ネットワークビジネス」なんですが、決して悪いとは言いませんが、やりかたによっては知人・友人を失くす可能性もあるということなんです。

 

 

僕も過去に「ネットワークビジネス」の経験あるのですが、普通の営業より難しいと痛感させられたことを思い出しました。

 

 

弱気でいけば断られる、強気でいって勧誘させられたとしても、本人のやる気を引き出せなかったら稼げないのでディスられることもしばしばと・・・。

 

 

 

ビジネスなんで割り切ってしまえば良いのですが、知人・友人となれば話は違うんですよね~(汗)

 

 

 

 

察しがついた方もいらっしゃると思いますが、「LINE」を活用してビジネスをするとなると、友人・知人に向けてが主になってくるので、「こいつ胡散くせ~ことやってんな~」とか思われたら、これからの付き合いに影響を及ぼす可能性もあるんです。

 

 

なので、今までの「LINE」に関する商材は僕も紹介できるものもありませんでしたし、長期的に稼げるようなものもなかったんですね。

 

 

 

では、今回の「トレンド・ライン・アフィリエイト・プログラム」は、どこが違うのかって話になりますよね。

 

 

 

ラインでビジネスは友達・知人を失くす!?

 

 

 

通常の「LINE」でビジネス的なことを行えば、信用度が下がり友達や知人を失くすことも考えられますが、この【TLA】ではラインのビジネスアカウント「LINE@」を利用するこで、通常のアカウントとは別なので知られることはありません。

 

 

「え~新規アカウントからなら友達ゼロからのスタートだから厳しくな~い」と思われがちですが、他のSNSとの連携で簡単に増やす方法はあります。

 

 

ただ、僕が気付いた点で言えば、「じゃあラインやなくて、他のSNSを直でやれば良いんやないん?」と正直なところ思いました。

 

 

例えば、ツイッターなら同じ属性アカウントをフォローしていけば、簡単にフォロワーを増やすことが可能ですが、「LINE@」の単独だけでは不可能ですよね。

 

 

わざわざ、LINE@に引き込む理由があるのかな?と疑問は湧きましたが、スマホでツイッターを扱うことよりLINEを活用する方が高いし、使い慣れたSNSの方が作業率は良いのでは?とも思います。

 

 

 

そして、冒頭でもお話ししましたが、他のSNSと違い「既読」が付く機能と読まれる開封率の高さでは、ラインの方が群を抜きます。

 

 

 

しかし、一概にどれを活用すれば稼げるというわけではなく、それぞれのSNSの良さがあるので、ご自身が使い慣れたSNSを利用する、ということも視野に入れておいた方が良いということですね。

 

 

 

【TLA】ノウハウとは?

 

 

LINEで稼ぐ方法(サポート45日)

 

 

 

  • LINEアカウントの仕組み~アカウントの増やし方

 

LINE@の作成方法や操作方法、またはLINEの基礎、基本などの解説です。

 

 

  • 投資型で友達増加に伴い収益アップ方法

 

LINEスタンプなどを活用して、友達を増やし収益アップを狙う方法の解説です。

 

 

  • SNSを活用した友達の増やし方

 

インスタ、ツイッター、フェイスブックなどのSNSを活用した友達の増やし方の解説です。

 

 

  • キャッシュポイントの取得と設置設定方法

 

LINEアフィリエイトに向いている広告や設置設定の方法の解説です。

 

 

 

ざっとは、こんな感じの章を具体的に解説されているのですが、スマホだけで完結させようと思ってもできないことはないのですが、キャッシュポイントをサイトやブログに置くということも視野に入れた方が、収益の幅は間違いなく広げれると思います。

 

 

そのために、「トレンドLINEキャッシュシステム」というテンプレートが付属するので、活用しない手はないですよ。

 

 

 

  • LINEアフィリ向きの方

 

  • 収益の柱を増やしたい方
  • LINEに慣れている方
  • 少額の初期投資が出来る方
  • 文章力に自信がない方
  • PCよりもスマホが得意の方

 

などの方は、LINEアフィリが向いていると思います。

 

 

 

  • LINEアフィリに向いていない方

 

  • 実践しない方
  • LINEより他のSNSが得意な方
  • 検索エンジンのみで集客される方
  • スマホを持っていない方
  • お金に興味がない方

 

上記がすべてでは、ありませんが何をするにせよ、向き不向きは存在するものです。

 

 

 

【TLA】~まとめ~特典~

 

 

 

LINEを収益の柱や集客の入り口にと考えていらっしゃる方だと、実践する価値が生まれますが、LINEを活用しなくても他のSNSの活用や検索エンジンに頼られる方は不必要だと思います。

 

 

 

スマホだけでも少額の収益は見込めますが、やはりサイトやブログに誘導してのキャッシュポイントを活用する方法を用いた方が、大きく収益を伸ばせることは間違いない事実なんですね。

 

 

なので、最初はスマホのみで少額稼げる仕組みを手早く作り、のちにサイトやブログのための投資をされたら、手出しの資金も最小限に抑えることができます。

 

 

 

LINEと言えども、アフィリエイトには変わらないので、結局ところセオリーは同じなんです。

 

 

【TLA】の商材には、サポートあり(45日)とサポートなしが存在します。

 

 

商材の中身やテンプレートのHTMLなどのことは、販売者さまの谷口さんにお伺いする方が、手っ取り早いので少しでも不安がある方は、サポートありが良いと思いますよ。

 

 

 

それで、僕の特典として「綾波サポート60日」をどちらの商材にもお付けします。

 

 

 

サポートなしの場合は「綾波サポート60日」を選んでください。

 

 

サポートなし商材+「綾波サポート60日」はコチラから。

 

 

 

サポートアリの場合は「綾波サポート60日プラス」を選んでください。

 

 

サポートあり商材+「綾波サポート60日プラス」はコチラから。

 

 

 

一緒に頑張っていきましょう。

 

検討中の方や初めてネットビジネスを考えらている方は、気兼ねなくご相談くださいね。

↓ ↓ ↓


 

最後に

 

 

また、ネットビジネスの事を学びたい方は、下記より登録いただければ期間限定ですが、ネットビジネスに関連する情報を発信させていただいております。